コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
公益財団法人三島海雲記念財団
三島海雲学術賞

ホーム> 三島海雲学術賞

三島海雲学術賞

本賞は、自然科学及び人文科学の研究領域において、創造性に富み、とりわけ優れた研究能力を有する若手研究者(45歳未満)を顕彰し、その研究の発展を支援することを目的としています。2012年(平成24年)の財団設立50周年を機に創設いたしました。

三島海雲学術賞について

対象分野

自然科学部門

「食の科学」に関する研究:食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究

人文科学部門

「アジア地域」の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し、日本を中心とする研究は除きます。)

顕彰内容

賞:賞状並びに副賞300万円(一人当たり)第11回より副賞が300万円となります。

件数:自然科学部門(2件以内)、人文科学部門(1件以内)

対象者

・45歳未満の者(受賞年 4月1日現在)

・日本在住の研究者及び海外在住の日本人研究者

・人文科学部門は学術書(単著)があること

募集について

募集方法

当財団が依頼した大学、学会、研究機関等の代表者による推薦

募集期間

2021年 8月~9月末:推薦要項をご確認ください。 

推薦要項

推薦書

これまでの受賞者

自然科学部門 受賞者

人文科学部門 受賞者

三島海雲学術賞フォローアップインタビュー

こちらをご覧ください。