文字の大きさ
標準

学術研究奨励金(助成)

ホーム > 学術研究奨励金(助成) > 個人研究奨励金

個人研究奨励金

三島海雲は乳酸菌飲料「カルピス」を発案し、起業に成功した恩に報いるため、晩年私財を投じて財団を設立し、研究者に対する支援を通じて人類の福利に役立とうと決意しました。→設立経緯・設立趣意書
海雲翁の遺志に基づき、本財団は、自然科学(食の科学、食と健康など)から人文科学(アジアの史学、哲学、文学など)まで幅広く、将来の発展が期待できる優れた研究者を支援します。→財団の目的、事業
このような創設者三島海雲翁の理念と財団の目的にこたえてくださる研究者の応募を期待します。若手研究者および女性研究者の積極的応募を期待します。

助成対象 応募する研究者個人に対する助成金ですが、共同研究者のあることを妨げません。
助成分野
自然科学部門
食の科学に関する学術研究
上記「食の科学」に関する学術とは、食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防等に係る研究を対象とする。
人文科学部門
アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における学術研究(但し、日本を中心とする研究は除く)
助成内容 金額一件当たり 100万円
件数54件程度(両部門計) 総額 5,400万円程度
応募資格
①日本在住の研究者(国籍は問いません)、及び海外在住の日本人研究者
②大学院博士課程<後期>在籍者(及びそれに相当する大学院生) 
募集方法 公募
募集期間
平成30年1月10日~2月28日(必着)
応募には電子登録と申請書の提出が必要です。
決定時期 平成30年6月中旬
応募方法 詳細は応募手順をご覧ください。

各種書類ダウンロード